三角形の重心の性質と証明!座標とベクトルの求め方も徹底解説!


「重心ってなんだけ?」
「重心の性質が知りたい」
今回は重心に関する悩みを解決します。

高校生
重心ってどんな点だっけ...

 

三角形には五心という5つの点が存在します。

三角形の五心の一覧

 

今回は五心のなかでも"重心"についてまとめました。

三角形の重心とは、「各頂点から対辺の中点を結んだ線分の交点」を指します。

三角形の重心の定義
また重心の座標や位置ベクトルは以下の公式で求めることができます。

《重心の座標公式》

三角形の重心の座標公式\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)とすると重心Gの座標は以下のようになります。

重心の座標公式

\[\displaystyle G(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\]

 

《重心の位置ベクトル》

三角形の重心の位置ベクトル

\(\triangle ABC\)において、\(A(\vec{a}),B(\vec{b}),C(\vec{c})\)とすると重心Gの位置ベクトルは以下のようになります。

重心の位置ベクトル

\[\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\]

 

本記事では三角形の重心の公式や性質を解説します。

本記事を読めば重心のことがすべて理解できます。重心の疑問がある方はぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

筆者の信頼性

ライター紹介

国公立の教育大学を卒業
数学講師歴6年目に突入
教えた生徒の人数は150人以上

それでは三角形の重心について解説していきます。

 

三角形の重心とは

三角形の重心は、三角形の各頂点から引いた中線の交点です。

三角形の重心とは

重心の定義

三角形における各中線の交点

※辺の中点と向かい合う頂点を結んだ線分を中線といいます。

 

ここに三角形\(ABC\)があります。

三角形の重心とは

すべての頂点から中線を引きます。

三角形の重心とは

すると、3本の中線が1点で交わります。

この点が三角形の重心です。

 

高校生
中線という言葉は初めて聞きました
この機会にぜひ覚えておこう!
シータ

重心の座標公式

三角形の重心の座標公式について詳しく解説します。

座標公式

三角形の重心の座標公式

\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)とするとき重心Gの座標は以下の公式で求められます。

重心の座標公式

\[\displaystyle G(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\]

重心の座標を求める

\(\triangle ABC\)において、各頂点の座標を\(A(3,5),B(1,1),C(5,2)\)とする。

重心の座標を求める

このとき重心Gの座標は、

\[\displaystyle G(\frac{3+1+5}{3},\frac{5+1+2}{3})=(3,\frac{8}{3})\]

 

三角形の頂点の座標が分かれば、重心の座標は求めることができます。

 

シータ
公式を知っていれば簡単だね!
なぜ重心の公式は成り立つのですか?
高校生

重心の座標公式《証明》

ここで重心の座標公式の証明をしましょう。

重心の座標公式

\[\displaystyle G(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\]

 

\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)で重心を\(G(x,y)\)とします。

三角形の重心の座標公式

 

このとき辺BCの中点を点Mとすると、点Mは辺BCを\(1:1\)に内分するので、

重心の証明

\[\displaystyle M \left(\frac{x_{b}+x_{c}}{2},\frac{y_{b}+y_{c}}{2}\right)\]

 

内分の公式が知りたい方は「内分・外分の公式」をご覧ください。

 

重心の性質より、重心Gは線分AMを\(2:1\)に内分するので、

重心の証明1

ゆえに、重心Gの座標は

\begin{eqnarray}
\displaystyle G&=&\left(\frac{x_{a}+2 \cdot \frac{x_{b}+x_{c}}{2}}{2+1},\frac{y_{a}+2 \cdot \frac{y_{b}+y_{c}}{2}}{2+1}\right)\\
&=&\left(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3}\right)
\end{eqnarray}

したがって、

\[\displaystyle G\left(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3}\right)\]

 

これで重心の座標公式の証明終了です。

 

重心のベクトル公式

三角形の重心の位置ベクトルについて詳しく解説します。

位置ベクトルの公式

三角形の重心の位置ベクトル

\(\triangle ABC\)において、\(A(\vec{a}),B(\vec{b}),C(\vec{c})\)とすると重心Gの位置ベクトルは以下のようになります。

重心の位置ベクトル

\[\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\]

位置ベクトルを求める

三角形の各頂点の位置ベクトルを\(A(\vec{a})=(3,6),B(\vec{b})=(1,2),C(\vec{c})=(5,3)\)とします。

このとき、重心Gの位置ベクトル\(G(\vec{g})\)を重心の位置ベクトルの公式に代入して考えましょう。

重心の位置ベクトル

\[\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\]

 

\[\displaystyle \vec{g}=(\frac{3+1+5}{3},\frac{6+2+3}{3})\]

 

したがって、

\[\displaystyle \vec{g}=(3,\frac{11}{3})\]

重心Gの位置ベクトルも求めることができました。

重心の位置ベクトル《証明》

重心の位置ベクトルの公式を求めるにあたって必要な公式があります。

三角形\(\triangle \mathrm{ABC}(\mathrm{A}(\vec{a}), \mathrm{B}(\vec{b}), \mathrm{C}(\vec{c}))\)の内部に点 \(\mathrm{J}(\vec{j})\)をとる。

このとき、\(\triangle \mathrm{JBC},\triangle \mathrm{JCA},\triangle \mathrm{JAB}\)として、それぞれの面積比を

\[\triangle \mathrm{JBC}: \triangle \mathrm{JCA}: \triangle \mathrm{JAB}=p: q: r \quad(p, q, r>0)\]

とする。

このとき

\[\displaystyle \vec{j}=\frac{p \vec{a}+q \vec{b}+r \vec{c}}{p+q+r}\]

が成り立つ。

 

重心の性質から面積比を考えて、

\(\triangle \mathrm{GBC}: \triangle \mathrm{GCA}: \triangle \mathrm{GAB}=1: 1: 1\)である。

重心の性質

 

ゆえに,さきほどの公式を活用して、

\(p=q=r=1\)

として考えると

\[\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\]

 

したがって、重心の位置ベクトルの証明終了。

 

三角形の重心の性質

三角形の重心には、いくつかの性質があります。

 

1:頂点と重心を結ぶ線分は対辺を二等分する

三角形の重心《性質》

 

2:重心は中線を2:1に内分する

三角形の重心《性質》

 

3:内部にできる6つの三角形は面積が等しい

 

 

重心の性質《証明》

三角形の重心が持つ性質がなぜそうなるのか証明していきます。

1の「頂点と重心を結ぶと、向かい合う辺を二等分する」は、重心の定義そのままですね。

これはそういうものだと覚えてください。

 

つぎに2「中線を2:1に内分する」を証明していきます。

これには、中学3年生で習った中点連結定理を使います。

 

重心と2つの頂点を結ぶと三角形が2つ見えてきます。

このとき、△GBCと△GEDが2:1の相似になります。

三角形の重心《証明》

したがって、\(BG:GE=2:1 , CG:GD=2:1\)

角Aでも同様に、\(AG:GF=2:1\)

三角形の重心《証明》

よって、重心Gは各中線を2:1に内分する。

 

3:内部にできる6つの三角形は面積が等しいの証明

中線によって,三角形は面積の等しい2つの三角形に分割されます。

重心の性質

さらに,下の図のように各頂点と重心を結ぶ3直線によって,三角形は面積の等しい3つの三角形に分割されます。

重心の性質

そして,下の図のように3つの中線によって,三角形は面積の等しい6つの三角形に分割される。

重心の性質

三角形の重心を作図

三角形の重心は、各辺の中線を引くことで作図することができます。

 

中線を書くには、各辺の中点を見つける必要があります。

必要なのは、三角形、筆記用具、コンパスです。

内心の作図に必要なもの

 

まずどこかの辺を選び、その片方の端点からコンパスで弧を描きます。

このとき、コンパスが描く円の半径は、辺の半分より長くしてください。

三角形の重心の見つけ方

片方で弧が描けたら、コンパスの開きを変えずに、もう片方の端点からも弧を描きます。

すると、2つの弧が交わります。

三角形の重心の見つけ方

交わった弧の交点を結ぶように直線を引くと、これが垂直二等分線です。

三角形の重心の見つけ方

これで中点を見つけることができたので、中点と向かい合う頂点を結んだものが中線です。

三角形の重心の見つけ方

同様に他の辺でも中線を引いて、交わった点が重心です。

三角形の重心の見つけ方

ココに注意

3つ目の辺の中線を引いても同じ点で交わるのでタイムロスです。

 

三角形の重心 まとめ

今回は三角形の重心についてまとめました。

三角形の重心 まとめ

重心の定義

三角形の重心の定義

三角形における各中線の交点

外心の性質

  1. 頂点と重心を結ぶ線分は対辺を二等分する
  2. 重心は中線を2:1に内分する
  3. 内部にできる6つの三角形は面積が等しい

重心の定義や性質は知っているものとして問題が出されます。

 

三角形の重心はベクトルでもよく出てくるので、しっかりと理解しておきましょう。

また、「内心」「外心」も重要な点なので必ず押さえておきましょう。

 

その他の五心については別記事でまとめました

三角形の五心(内心,外心,重心,垂心,傍心)の性質と証明を解説!
三角形の五心(内心,外心,重心,垂心,傍心)の性質と証明を解説!

「三角形の五心ってなに?」 「五心の性質を確認 ...

 

トップへ戻る

 

高校生のお役立ち情報を発信中!

友達登録でプレゼント!

いま登録した方には、中間テスト学習計画表をプレゼント中!

テスト前には数学のテスト対策プリント配布予定です!この機会にぜひご登録ください。!

友だち追加

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-図形の性質
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト Powered by AFFINGER5