図形の性質

三角形の重心の性質と証明!座標とベクトルの求め方も徹底解説!


「重心ってなんだけ?」
「重心の性質が知りたい」
今回は重心に関する悩みを解決します。

高校生
重心ってどんな点だっけ...

 

三角形には五心という5つの点が存在します。

「内心」「外心」「重心」「垂心」「傍心」

 

本記事では重心の定義や性質などを詳しく解説します。

三角形の重心とは、「各頂点から対辺の中点を結んだ線分の交点」を指します。

三角形の重心の定義
また重心の座標や位置ベクトルは以下の公式で求めることができます。

《重心の座標公式》
\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)とすると重心Gの座標は以下のようになる。

\(\displaystyle G(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\)

《重心の位置ベクトル》
\(\triangle ABC\)において、\(A(\vec{a}),B(\vec{b}),C(\vec{c})\)とすると重心Gの位置ベクトルは以下のようになる。

\(\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\)

 

本記事を読めば重心のことがすべて理解できます。重心の疑問がある方はぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

ライター紹介

国公立の教育大学を卒業
数学講師歴6年目に突入
教えた生徒の人数は150人以上
高校数学のまとめサイトを作成中

それでは三角形の重心について解説していきます。

 

三角形の重心とは

三角形の重心は、三角形の各頂点から引いた中線の交点です。

中線とは、頂点と向かい合う辺の中点を結んだ線分を指します。

三角形の重心の定義
三本の中線の交点

ここに三角形があります。

三角形の重心とは

この三角形すべての頂点から中線を引きます。

三角形の重心とは

すると、3本の中線が1点で交わります。

この点が、三角形の重心です。

 

重心の座標公式

三角形の重心の座標公式について詳しく解説します。

座標公式

\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)とすると重心Gの座標は以下のようになる。

\(\displaystyle G(\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\)

重心の座標を求める

\(\triangle ABC\)において、各頂点の座標を\(A(3,5),B(1,1),C(5,2)\)とする。

 

このとき重心Gの座標は、

\(\displaystyle G(\frac{3+1+5}{3},\frac{5+1+2}{3})=(3,\frac{8}{3})\)

 

三角形の頂点の座標が分かれば、重心の座標はかんたんに求めることができます。

重心の座標公式《証明》

\(\triangle ABC\)において、\(A(x_{a},y_{a}),B(x_{b},y_{b}),C(x_{c},y_{c})\)で重心を\(G(x,y)\)とする。

 

このとき辺BCの中点を点Mとすると、点Mは辺BCを\(1:1\)に内分するので、

重心の公式

\(\displaystyle M=(\frac{x_{b}+x_{c}}{2},\frac{y_{b}+y_{c}}{2})\)

内分の公式が知りたい方は「内分・外分の公式」をご覧ください。

重心の性質で重心Gは線分AMを\(2:1\)に内分するので、

重心の公式1

\(\displaystyle \frac{x_{a}+2\frac{x_{b}+x_{c}}{2}}{2+1},\frac{y_{a}+2\frac{x_{b}+x_{c}}{2}}{2+1}\)

したがって、重心Gの座標は

\(\displaystyle G=\frac{x_{a}+x_{b}+x_{c}}{3},\frac{y_{a}+y_{b}+y_{c}}{3})\)となる。

 

重心のベクトル公式

三角形の重心の位置ベクトルについて詳しく解説します。

位置ベクトルの公式

\(\triangle ABC\)において、\(A(\vec{a}),B(\vec{b}),C(\vec{c})\)とすると重心Gの位置ベクトルは以下のようになる。

\(\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\)

位置ベクトルを求める

\(\triangle ABC\)において、各頂点の位置ベクトルが\(A(\vec{a})=(3,6),B(\vec{b})=(1,2),C(\vec{c})=(5,3)\)とすると重心Gの位置ベクトル\(G(\vec{g})\)は、

重心の位置ベクトルの公式

\(\displaystyle \vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\)

に代入して、

\(\displaystyle \vec{g}=(\frac{3+1+5}{3},\frac{6+2+3}{3})\)

 

したがって、

\(\displaystyle \vec{g}=(3,\frac{11}{3})\)

重心Gの位置ベクトルも求めることができました。

重心の位置ベクトル《証明》

重心の位置ベクトルの公式を求めるにあたって必要な公式があります。

三角形\(\triangle \mathrm{ABC}(\mathrm{A}(\vec{a}), \mathrm{B}(\vec{b}), \mathrm{C}(\vec{c}))\)の内部に点 \(\mathrm{J}(\vec{j})\)をとる。

この時\(\triangle \mathrm{JBC},\triangle \mathrm{JCA},\triangle \mathrm{JAB}\)としてそれぞれの面積比を

\(\triangle \mathrm{JBC}: \triangle \mathrm{JCA}: \triangle \mathrm{JAB}=p: q: r \quad(p, q, r>0)\)とする。

このとき

\(\displaystyle \vec{j}=\frac{p \vec{a}+q \vec{b}+r \vec{c}}{p+q+r}\)

が成り立つ。

 

重心の性質から面積比を考えて、

\(\triangle \mathrm{GBC}: \triangle \mathrm{GCA}: \triangle \mathrm{GAB}=1: 1: 1\)である。

重心の性質

 

ゆえに,さきほどの公式を活用して、

\(p=q=r=1\)

として考えると\(\vec{g}=\frac{\vec{a}+\vec{b}+\vec{c}}{3}\)を得る。

証明終了

三角形の重心の性質

三角形の重心には、いくつかの性質があります。

 

1:頂点と重心を結ぶ線分は対辺を二等分する

三角形の重心《性質》

2:重心は中線を2:1に内分する

三角形の重心《性質》

3:内部にできる6つの三角形は面積が等しい

 

重心の性質《証明》

三角形の重心が持つ性質がなぜそうなるのか証明していきます。

1の「頂点と重心を結ぶと、向かい合う辺を二等分する」は、重心の定義そのままですね。

これはそういうものだと覚えてください。

 

つぎに2「中線を2:1に内分する」を証明していきます。

これには、中学3年生で習った中点連結定理を使います。

 

重心と2つの頂点を結ぶと三角形が2つ見えてきます。

このとき、△GBCと△GEDが2:1の相似になります。

三角形の重心《証明》

したがって、\(BG:GE=2:1 , CG:GD=2:1\)

角Aでも同様に、\(AG:GF=2:1\)

三角形の重心《証明》

よって、重心Gは各中線を2:1に内分する。

 

3:内部にできる6つの三角形は面積が等しいの証明

中線によって,三角形は面積の等しい2つの三角形に分割されます。

重心の性質

さらに,下の図のように各頂点と重心を結ぶ3直線によって,三角形は面積の等しい3つの三角形に分割されます。

重心の性質

そして,下の図のように3つの中線によって,三角形は面積の等しい6つの三角形に分割される。

重心の性質

三角形の重心を作図

三角形の重心は、各辺の中線をひくことで作図することができます。

 

中線を書くには、各辺の中点を見つける必要があります。

必要なのは、三角形、筆記用具、コンパスです。

 

まずどこかの辺を選び、その片方の端点からコンパスで弧を描きます。

このとき、コンパスが描く円の半径は、辺の半分より長くしてください。

三角形の重心の見つけ方

片方で弧が描けたら、コンパスの開きを変えずに、もう片方の端点からも弧を描きます。

すると、2つの弧が交わります。

三角形の重心の見つけ方

交わった弧の交点を結ぶように直線を引くと、これが垂直二等分線です。

三角形の重心の見つけ方

これで中点を見つけることができたので、中点と向かい合う頂点を結んだものが中線です。

三角形の重心の見つけ方

同様に他の辺でも中線を引いて、交わった点が重心です。

三角形の重心の見つけ方

ココに注意

3つ目の辺の中線を引いても同じ点で交わるのでタイムロスです。

 

三角形の重心 まとめ

今回は五心の中から「重心」をピックアップして解説しました。

重心の定義

三角形の重心
各頂点の向かい合う辺にひいた中線の交点

外心の性質

  1. 頂点と重心を結ぶ線分は対辺を二等分する
  2. 重心は中線を2:1に内分する
  3. 内部にできる6つの三角形は面積が等しい

重心の定義や性質は知っているものとして問題が出されます。

今回は重心の性質の証明や位置ベクトルなども解説しているので、まだ読んでいない方はご覧ください。

 

また、三角形の五心については別の記事で解説しています。図形が苦手な方はこちらも参考にしてください。
三角形の五心の性質と証明を徹底解説!

 

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。月額2,178円で4万本以上の授業が受け放題。圧倒的なコスパの良さで非常におすすめ。リクルートが運営しているので、安全性もバッチリ。

河合塾One

河合塾が提供する映像授業アプリです。AIが自動で自分のニガテな単元を覚えてくれるので、基礎から学びたい方におすすめです。

2021年におすすめしたい映像授業をまとめました。
【2021年完全版】映像授業おすすめランキング!全5社を徹底比較!

おすすめ記事

スクールライフがもっと充実する5つのサービス 1

「高校生活をもっと充実させたい!」 「お得なサ ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 2

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 3

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

-図形の性質
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト