データの分析

標準偏差とは?標準偏差の意味と求め方を徹底解説します!

標準偏差とは?標準偏差の意味と求め方

「標準偏差は何を表してるの?」
「標準偏差の求め方は?」
今回は標準偏差に関する悩みを解決します。

高校生
標準偏差が苦手なんですよ...

 

標準偏差とは、「データの散らばりの度合い」を表す指標の1つです。

分散の正の平方根が標準偏差です。

標準偏差とは?

 

本記事では、標準偏差の意味と求め方について解説します。

記事の内容

データの分析のまとめ記事へ

標準偏差とは?

標準偏差とは「データの散らばりの度合いを表す指標」の1つです。

標準偏差とは?

分散の平方根で求めることができます。

分散の公式

変数\(x\)の値が\(x_1,x_2,...,x_n\)で、平均が\(\bar{x}\)のとき
分散\(s^{2}\)は、

\(\displaystyle \frac{1}{n}\{(x_{1}-\bar{x})^{2}+(x_{2}-\bar{x})^{2}+...+(x_{n}-\bar{x})^{2}\}\)
\(=\displaystyle \frac{1}{n}\sum_{i=1}^n (x_i-\bar{x})^{2}\)

もしくは

\(\displaystyle s^{2}=\frac{1}{n}\sum_{i=1}^n x_i^{2} -\bar{x}^{2}\)

分散については「分散とは?分散の意味と求め方」にて解説しています。

分散
分散とは?分散の公式と求め方
分散とは?分散の公式と求め方を解説!標準偏差や共分散との違いは?

「分散ってなんだっけ?」 「分散の求め方が分か ...

続きを見る

標準偏差の求め方

標準偏差\(s \)は分散\(s^2\) を使って以下のように表されます。

標準偏差の求め方

標準偏差は「分散の正の平方根」なので、まずは分散を求める必要があります。

標準偏差の求め方

  1. 平均値を求める
  2. 偏差を求める
  3. 分散(偏差の2乗平均)を求める
  4. 分散の平方根を求める

それでは、例をもとに一緒に標準偏差を求めてみましょう。

あるクラスで数学Ⅰのテストを行いました。

標準偏差の求め方

1.平均値を求める

まずは平均値を求めます。

\(\displaystyle \frac{30+40+50+80+100}{5}=60\)

標準偏差の求め方

 

2.偏差を求める

偏差とは「データと平均値との差」を指します。

偏差を求める

偏差=(データ値)-(平均値)

\(30-60=-30\)
\(40-60=-20\)
\(50-60=-10\)
\(80-60=20\)
\(100-60=40\)

標準偏差の求め方

偏差について別の記事でまとめました。
偏差値とは?偏差値の意味と求め方をズバリ解説します!

 

3.分散を求める

分散は「偏差の2乗平均」で求めることができます。

 

\(\displaystyle \frac{900+400+100+400+1600}{5}=680\)

分散の意味や求め方は別の記事で詳しくまとめています。

分散
分散とは?分散の公式と求め方
分散とは?分散の公式と求め方を解説!標準偏差や共分散との違いは?

「分散ってなんだっけ?」 「分散の求め方が分か ...

続きを見る

 

4.分散の平方根を求める

標準偏差の求め方

分散:680の正の平方根を求めます。

\(\sqrt{680} ≒ 26.08\)

したがって、標準偏差は26.08

これで標準偏差を求めることができました。

 

高校生
標準偏差の求め方は分かったけど、そもそも標準偏差を求めるメリットは何ですか?
つぎは標準偏差を求めるメリットを解説していくよ!
シータ

標準偏差のメリット

標準偏差をもとめるメリットについて解説していきます。

 

標準偏差を求めることで「データ全体のざっくりとした分布」が分かります。

例えば、あるクラスのテスト結果が分散680であると言われてもピンときません。

 

しかし標準偏差が26.08だと分かると、ほとんどのデータが”平均点±26.08点"の中に収まっていることを示します。

標準偏差のメリット

図のように、正規分布の場合、平均値±標準偏差中に観測データが含まれる確率は68.3%になります。
これが±標準偏差の2倍、3倍になるとさらに確率は上がります。

範囲範囲内に収まる確率
平均値±標準偏差68.3%
平均値±(標準偏差×2)95.4%
平均値±(標準偏差×3)99.7%

標準偏差と分散

標準偏差と分散は何が違うのでしょうか。

 

ざっくりした説明ですが表している単位が違うと思ってください。

例えばお肉の重さについて調べます。このとき使う単位をグラム\(g\)だとしましょう。

 

分散はデータの2乗平均なので、求めた分散の単位は\(g^2\)になります。

その一方で、標準偏差は分散の正の平方根なので単位が\(g\)になっています。

 

したがって、データの散らばりの度合いを表すときは、分散の\(g^{2}\)よりも標準偏差で表した方が分かりやすくなります。

標準偏差と分散

標準偏差を求めることで、ほとんどのデータが「平均値±標準偏差」に収まっていることが分かります。

データの分析のまとめ記事へ

標準偏差<練習問題>

標準偏差<練習問題>

標準偏差の意味を理解したところで、練習してみましょう。

先程のテストをBクラスでも行った結果、このようになりました。

標準偏差<練習問題>

Bクラスの標準偏差を求めましょう

標準偏差の求め方を振り返ります。

標準偏差の求め方

  1. 平均値を求める
  2. 偏差を求める
  3. 分散(偏差の2乗平均)を求める
  4. 分散の平方根を求める

1.平均値を求める

\(\displaystyle \frac{40+55+60+70+75}{5}=60\)

平均値:60点

2.偏差を求める

\(40-60=-20\)
\(55-60=-5\)
\(60-60=0\)
\(70-60=10\)
\(75-60=15\)

3.分散を求める

\(\displaystyle \frac{(-20)^2+(-5)^2+0+10^2+15^2}{5}\)

\(=\displaystyle \frac{400+25+0+100+225}{5}\)

\(=\displaystyle \frac{750}{5}\)

\(=150\)

分散:150

4.分散の平方根を求める

分散が150なので、

\(\sqrt{150} ≒ 12.25\)

解答標準偏差 12.25

標準偏差 まとめ

今回はデータの分析から標準偏差についてまとめました。

標準偏差とは?
データの散らばりの度合いを表す指標

標準偏差の公式

標準偏差

変数\(x\)の値が\(x_1,x_2,...,x_n\)で、平均が\(\bar{x}\)のとき
分散\(s^{2}\)は、

\(\displaystyle \frac{1}{n}\{(x_{1}-\bar{x})^{2}+(x_{2}-\bar{x})^{2}+...+(x_{n}-\bar{x})^{2}\}\)
\(=\displaystyle \frac{1}{n}\sum_{i=1}^n (x_i-\bar{x})^{2}\)

もしくは

\(\displaystyle s^{2}=\frac{1}{n}\sum_{i=1}^n x_i^{2} -\bar{x}^{2}\)

標準偏差の求め方

  1. 平均値を求める
  2. 偏差を求める
  3. 分散(偏差の2乗平均)を求める
  4. 分散の平方根を求める

標準偏差のメリット
データのざっくりとした分布が分かる

 

標準偏差に合わせて「共分散」や「相関係数」についても確認しておきましょう。
まだチェックしていない方はぜひご覧ください。

共分散
共分散の求め方をサクッと解説!!

「共分散の公式は?」 「共分散の求め方が分から ...

続きを見る

相関係数
相関係数の意味と求め方を分かりやすく解説!
相関係数の意味と求め方を分かりやすく解説!

「相関係数って何を表してるの?」 「相関係数の ...

続きを見る

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。

あなたの努力が報われますように!

データの分析のまとめ記事へ

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-データの分析
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト