数学ⅠA 高校数学

三角関数の相互関係<必ず覚えたい重要公式3つ!>

更新日:

三角関数の相互関係<必ず覚えたい重要公式3つ!>

 

・三角関数の公式ってなんだっけ?
・どうやって使うんだっけ?

今回はこんな生徒さんに向けて記事を書いていきます。

 

数学Ⅰの三角関数から、「三角関数の相互関係」についてまとめていきます。

三角関数にはとっても重要な公式が3つありました。

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

 

三角関数だけでなく、数学Ⅱ,Ⅲの微分積分でも使う公式なので、必ず覚えておきたい公式です。

でも覚えづらいし,
使い方が分からないんだよなぁ...

 

そうなんですよね(^^;)
ぼくも覚えられるまでは、何度も調べていた記憶があります。

本記事では三角関係の相互関係を丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

記事の内容・三角関数の相互関係
・三角関数の相互関係 証明
・三角関数の相互関係 使い方
・三角関数の相互関係<練習問題>

 

記事の信頼性国公立の教育大学へ進学・卒業
学生時代は塾でアルバイト数学講師歴4年
教えてきた生徒の数100人以上
現在は日本一周をする数学講師という独自のポジションで発信中

 

スポンサーリンク

三角関数の相互関係

三角関数の相互関係
 

三角関数の相互関係は必ず押さえておきたい重要な公式です。

三角形の相互関係\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

 

三角関数の相互関係を用いれば、sin,cos,tanのどれか1つが分かれば、他のすべて求めることができます。

それでは、各公式の証明と使い方を解説していきます。

 

三角関数の相互関係 証明

三角関数の相互関係 証明
三角関数の相互関係がなぜ成り立つのか、それぞれの式を証明しておきましょう。

証明が必要ない方は、次の《三角関数の相互関係 使い方》へ進んでください。

下の図のような三角形を元に証明していきます。

三角関数の相互関係 証明

 

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

 

三角関係の相互関係①\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

 

まずは\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)から証明していきます。

これが1番の軸となる公式なので、最優先で\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)を叩き込んでください。

三角形の定義より、

\(\displaystyle \sin \theta=\frac{y}{r}, \cos \theta=\frac{x}{r}\)と表すことができます。

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

これらを変形して

\(y=r \sin \theta ,x=r\cos \theta\)

三平方の定理より、

\(r^2=(r \sin \theta)^{2}+(r \cos \theta)^{2}\)

\(r^2=r^{2} \sin^{2} \theta+r^{2} \cos^{2} \theta\)

両辺を\(r^{2}\)で割って、

\(1=\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta\)

よって、\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)の証明終了です。

 

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

 

三角関係の相互関係②\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

 

三角関数の定義より、

tan\(\displaystyle \theta=\frac{y}{x}\)

  \(=\displaystyle \frac{r \sin \theta}{r \cos \theta}\)

  \(=\displaystyle \frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

よって、\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)の証明終了です。

 

\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

 

三角関係の相互関係③\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

 

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

両辺を\(cos^{2} \theta\)で割ります

\(\displaystyle \frac{\sin^{2} \theta}{\cos^{2} \theta}+\frac{\cos^{2} \theta}{\cos^{2} \theta}=\frac{1}{cos^{2} \theta}\)

\(\displaystyle \tan^{2} \theta+1=\frac{1}{cos^{2} \theta}\)

よって、証明終了です。

✅ この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています。

三角関係の基礎の基礎!
三角関数(sin,cos,tan)の公式と覚え方

弧度法って結局何を表してるの?
弧度法とは?弧度法の変換や面積公式すべて解説!

三角関数の相互関係 使い方

 

3つの公式が大事なのは分かったけど、どうやって使うの?

 

3つの例題を用意したので、それぞれの公式の使い方を見ていきましょう!

 

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

 

この公式は、sin\(\theta\)もしくはcos\(\theta\)が分かっているときに使う公式です。

\(\theta\)が鋭角で\(\displaystyle \sin \theta=\frac{1}{3}\)のときのcos\(\theta\)の値は

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle (\frac{1}{3})^{2}+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \frac{1}{9}+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \cos^{2} \theta=\frac{8}{9}\)

このときcos\(\theta\)の正負に注意してください!

今回は\(\theta\)が鋭角なので、cos\(\theta\)>0

\(\displaystyle \cos \theta=\frac{2\sqrt{2}}{3}\)

このように、sin\(\theta\),cos\(\theta\)のどちらかが分かっていれば、もう片方も求めることができます。

 

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

 

ひとつめの公式でsin\(\theta\),cos\(\theta\)を求めたあとに使うことが多いです。

\(\displaystyle \sin \theta=\frac{1}{3}\),\(\displaystyle \cos \theta=\frac{2\sqrt{2}}{3}\)のとき、

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\frac{1}{3}}{\frac{2\sqrt{2}}{3}}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{1}{3} × \frac{3}{2\sqrt{2}}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{1}{2\sqrt{2}}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sqrt{2}}{4}\)

 

逆にtan\(\theta\)とsin\(\theta\)もしくはcos\(\theta\)が分かっていて、もう一方を求めるパターンもあります。

公式の形だけでなく、式変形をして使いこなせるように慣れていきましょう!

 

\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

 
tan\(\theta\)もしくはcos\(\theta\)が分かった時に使いたい公式です。

\(\theta\)が鋭角で、\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sqrt{2}}{4}\)のとき、

\(\displaystyle 1+\frac{2}{16}=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle \frac{9}{8}=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle \cos ^{2} \theta=\frac{8}{9}\)

\(\theta\)が鋭角なので、\(\cos \theta >0\)

\(\displaystyle \cos \theta=\frac{2\sqrt{2}}{3}\)

 

三角関数の相互関係<練習問題>

三角関数の相互関係<練習問題>
それでは、今回学んだことを活かして練習問題を解いてみましょう。

練習問題①\(\theta\)は鋭角とする。
sin\(\displaystyle \theta=\frac{2}{3}\)のとき、cos\(\theta\),tan\(\theta\)の値を求めよ。

解答

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle (\frac{2}{3})^{2}+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \frac{4}{9}+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \cos^{2} \theta=\frac{5}{9}\)

\(\displaystyle \cos \theta=±\sqrt{\frac{5}{9}}\)

\(\displaystyle \cos \theta=±\frac{\sqrt{5}}{3}\)

\(\theta\)が鋭角なので、\(\cos \theta>0\)なので、

\(\displaystyle \cos \theta=\frac{\sqrt{5}}{3}\)

 

これでsin\(\theta\)とcos\(\theta\)が分かったので、

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\sin \theta}{\cos \theta}\)

この公式に代入しましょう。

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{\frac{2}{3}}{\frac{\sqrt{5}}{3}}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{2}{3} × \frac{3}{\sqrt{5}}\)

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{2}{\sqrt{5}}\)

有利化して、

\(\displaystyle \tan \theta=\frac{2\sqrt{5}}{5}\)

 

練習問題②\(\theta\)は鋭角とする。
tan\(\displaystyle \theta=\frac{1}{2}\)のとき、sin\(\theta\),cos\(\theta\)の値を求めよ。

解答

\(\displaystyle 1+\tan ^{2} \theta=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle 1+(\frac{1}{2})^{2}=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle 1+\frac{1}{4}=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle \frac{5}{4}=\frac{1}{\cos ^{2} \theta}\)

\(\displaystyle \cos ^{2} \theta=\frac{4}{5}\)

\(\displaystyle \cos \theta=±\frac{2}{\sqrt{5}}=\frac{2\sqrt{5}}{5}\)

\(\theta\)は鋭角なので、

\(\displaystyle \cos \theta=\frac{2\sqrt{5}}{5}\)

 

\(\sin^{2} \theta+\cos^{2} \theta=1\)

\(\displaystyle \sin^{2} \theta+(\frac{2\sqrt{5}}{5})^{2}=1\)

\(\displaystyle \sin^{2} \theta+\frac{20}{25}=1\)

\(\displaystyle \sin^{2} \theta=\frac{5}{25}\)

\(\theta\)は鋭角なので、

\(\displaystyle \sin \theta=\frac{\sqrt{5}}{5}\)

 

おわりに

 

今回は数学Ⅰの三角関数から必ず覚えたい重要公式3つを解説しました。

 

他にも、教科書に内容に沿ってどんどん解説記事を挙げていくので、

お気に入り登録しておいてもらえると定期試験前に確認できると思います。

 

Youtubeでも解説動画を載せているので、そちらもぜひご覧ください。

 

質問や相談もtwitter(@math_travel)の方に連絡ください。

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

みんなの努力が報われますように!

 

PICK UP

1

      今回はこんな方に向けて記事を書いていきます。 スタディサプリへの入会を検討している方 CMなどでスタディサプリを知った方 スタディサプリがどんなものか知りたい ...

2

  仕事や勉強の息抜きがしたい 映画が見たいがレンタルしに行くのは面倒くさい   今回はそんな方に向けて記事を書いていきます。   さっそくですがVODって聞いたことあり ...

3

  三角関数が苦手 三角関数の総復習がしたい 三角関数のことがギュッと詰まったページが欲しい   今回はこんな生徒さんに向けて、三角関数の公式が詰まった「完全攻略」記事を書きました ...

-数学ⅠA, 高校数学

Copyright© マストラ 数学×旅人!? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.