データの分析

データの範囲とは?範囲の求め方とデータの分析

「データの範囲とは?」
「どうやって求めるの?」
今回はデータの範囲に関する悩みを解決します。

高校生
データの範囲がよく分からなくて...
範囲は簡単なので必ず押さえましょう!
シータ

範囲(レンジ)はデータの中でも簡単な用語なので知らないと損します。

ポイント

範囲とは「データの最大値と最小値の差」です。

データの範囲

範囲が分かるとデータの分布がイメージしやすくなります。

 

本記事では、データの範囲の意味と求め方を解説しています。

範囲をしっかりと理解してテストで高得点獲得を目指しましょう!

記事の内容

データの分析のまとめ記事へ

データの範囲とは?

データの範囲というのは、「データの最大値と最小値の差」です。

つまり以下のようなデータが存在するとき、データの範囲は「25」となります。

データの範囲

高校生
1番大きい数字から1番小さいものを引けばいいんだね!

データの範囲の求め方

データの範囲の求め方は至って簡単です。

データを大きさ順に並び替えて最大値と最小値の差を求めるだけ!

 

最大値-最小値=データの範囲

データの範囲の求め方

データの範囲を求めるメリット

データの範囲が分かることで、全体の散らばりの大きさがイメージできます。

つまり、同じような数字ばかりなのか、それとも幅広い値が出ているのかを掴むことができます。

 

たとえば数学Ⅰのテスト結果を分析しましょう。

・Aクラスのテスト結果が以下のとき、範囲は10となります。

Aクラスのテスト結果

・Bクラスのテスト結果が以下のとき、範囲は40となります。

Bクラスのテスト結果

この2つを見比べてみると、Aクラスのテスト結果が70点周辺に集まっていることが分かります。

 

データの範囲が小さい、つまりデータが1点に集まっていることを「散らばりの度合いが小さい」と表現します。

一方でBクラスのようにデータの範囲が大きいことを、「散らばりの度合いが大きい」といいます。

散らばりの度合い

範囲が小さい
散らばりの度合いが小さい

範囲が大きい
散らばりの度合いが大きい

 

データの範囲が分かることで、データ全体の散らばりの度合いを掴むことができます。

 

データの範囲 まとめ

今回はデータの分析から範囲についてまとめました。

あまり難しい単元ではないので、確実に得点につなげましょう。

データの範囲 まとめ

データの範囲とは
データの最大値と最小値の差

データの範囲

データの範囲=(最小値)-(最小値)

データの範囲が分かると
データ全体の散らばりの度合いが分かる

 

データの散らばりの度合いは「分散」や「標準偏差」でも求めることができます。
まだチェックしていない方はぜひご覧ください。

分散とは
分散とは?分散の公式と求め方
分散とは?分散の公式と求め方を解説!標準偏差や共分散との違いは?

「分散ってなんだっけ?」 「分散の求め方が分か ...

続きを見る

標準偏差とは
標準偏差とは?標準偏差の意味と求め方
標準偏差とは?標準偏差の意味と求め方を徹底解説します!

「標準偏差は何を表してるの?」 「標準偏差の求 ...

続きを見る

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。

あなたの努力が報われますように!

データの分析のまとめ記事へ

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-データの分析
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト