二次関数のグラフの書き方を3ステップで解説!

二次関数のグラフ


数学Ⅰの二次関数ではグラフが必要な問題がたくさんあります。

今回解決する悩み

「2次関数のグラフってどんな形」
「グラフの書き方が分からない」

今回は2次関数のグラフに関するこんな悩みを解決します。

高校生
2次関数のグラフを書きたいんだけど、書き方が分からなくて...

2次関数のグラフの書き方

2次関数のグラフは以下の3ステップで書くと上手に描くことができます。

グラフを書く手順

  1. 頂点を求める
  2. y軸との交点を求める
  3. 頂点とy軸との交点をなめらかに結ぶ

 

本記事では2次関数のグラフの書き方を解説していきます。

具体例を用意したのでじっくりと読んでもらえば、2次関数のグラフが書けるようになります。

シータ
気になる見出しをクリックして、
ぜひ最後までご覧ください。

公式LINEから簡単なアンケートに答えるだけで、『2次関数』の重要公式をまとめたPDFをプレゼント中です!

2次関数重要公式まとめ

\ 30秒のアンケートに答えてGET! /

プレゼントを受け取る!

アンケート回答後
「2次関数の重要公式」と送ってね!

2次関数の基礎

2次関数\(y=ax^{2}+bx+c\)のグラフはこんな形をしています。

2次関数のグラフ

関数\(y=ax^{2}+bx+c\)の中で最も次数が高い項は\(ax^{2}\)ですね。最高次数が2なので2次関数といいます。

\(y=ax+b\)の場合、最も次数が高い項が\(ax\)で次数1なので一次関数といいます。

参考

\(y=ax^{3}+bx^{2}+cx+d\)は三次関数

\(y=ax^{4}+bx^{3}+cx^{2}+dx+e\)は四次関数

2次関数のグラフの形

2次関数のグラフは左右対称な放物線を描きます。

2次関数のグラフ

\(y=ax^{2}+bx+c\)のグラフは\(a\)の符号によって形が変わります。

2次関数のグラフの形

\(a>0\)のとき、下向きに凸な放物線

\(a<0\)のとき、上向きに凸な放物線

 

\(a>0\)のとき、下向きに凸な放物線

2次関数\(y=ax^{2}+bx+c\)において\(a\)が正の数ならば、グラフは下向きに凸な放物線になります。

2次関数のグラフの形

\[y=x^{2}-3x+5\]

\[y=3x^{2}-4x+4\]

\(a<0\)のとき、上向きに凸な放物線

2次関数\(y=ax^{2}+bx+c\)において\(a\)が負の数ならば、グラフは上向きに凸な放物線になります。

2次関数のグラフの形1

\[y=-x^{2}+3x-5\]

\[y=-3x^{2}+4x-4\]

高校生
グラフの形は理解できました!

公式LINEから簡単なアンケートに答えるだけで、『2次関数』の重要公式をまとめたPDFをプレゼント中です!

2次関数重要公式まとめ

\ 30秒のアンケートに答えてGET! /

プレゼントを受け取る!

アンケート回答後
「2次関数の重要公式」と送ってね!

2次関数のグラフの書き方

2次関数のグラフの書き方

2次関数のグラフは以下の3ステップで書くことができます。

グラフを書く手順

  1. 頂点を求める
  2. y軸との交点を求める
  3. 頂点とy軸との交点を結ぶ

\(y=x^{2}+6x+5\)を例にして各ステップを詳しく解説します。

step
1
グラフの頂点を求める

まずは頂点の座標を求めます。

2次関数の頂点は関数を平方完成することで求めることができます。

2次関数の軸と頂点

\(y=a(x+p)^{2}+q\)のとき、

軸:\(x=-p\)  、頂点\((-p,q)\)

 

例として\(y=x^{2}+6x+5\)を平方完成すると

\begin{eqnarray*}
y&=&x^{2}+6x+5\\
&=&(x+3)^{2}-4
\end{eqnarray*}

となります。

したがって、\(y=x^{2}+6x+5\)の頂点は\((-3,-4)\)となります。

2次関数のグラフの書き方

 

▽2次関数の軸と頂点の求め方はこちら

 

step
2
y軸との交点を求める

頂点の座標が分かっただけでは2次関数のグラフを書くことはできません。

次はグラフとy軸との交点を求めます。

y軸との交点の求め方

y軸との交点を求める ⇒ 関数に\(x=0\)を代入

y軸上の点ということは、点のx座標が0であることを指します。

 

\(y=x^{2}+6x+5\)に\(x=0\)を代入すると

\begin{eqnarray*}
y&=&0^{2}+6 \cdot 0+5\\
&=&5
\end{eqnarray*}

したがって、

\(y=x^{2}+6x+5\)のグラフは\((0,5)\)でy軸と交わることが分かりました。

2次関数のグラフの書き方

 

step
3
頂点とy軸の交点を滑らかにつなぐ

最後にSTEP1,2で求めた頂点とy軸との交点を滑らかにつなぎます。

\(y=x^{2}+6x+5\)の頂点は\((-3,-4)\)、y軸との交点は\((0,5)\)でした。

 

この2点を滑らかにつなぎ、左右対称に描くと2次関数のグラフが完成します。

2次関数のグラフの書き方

 

2次関数の式をグラフにできるようになれば、分かっている点から元々の式を求めることもできます。

二次関数の決定
二次関数の式を決定する3つの型と4パターンを解説!

2次関数のグラフ《練習問題》

2次関数の書き方3ステップを活かして、以下のグラフを書いてみましょう。

練習問題

  • \(y=x^{2}-4x+5\)
  • \(y=-x^{2}+6x-4\)
  • \(y=2x^{2}+8x+5\)

\(y=x^{2}-4x+5\)のグラフ

まず平方完成して放物線の軸と頂点を求めます。

\begin{eqnarray*}
y&=&x^{2}-4x+5\\
&=&(x-2)^{2}+1
\end{eqnarray*}

したかって、頂点の座標は\((2,1)\)と分かりました。

練習問題1-1

つぎに\(y\)軸との交点を求めます。

\(x=0\)を代入して、

\(y=x^{2}-4x+5=0^{2}-4 \cdot 0 +5=5\)

よって、\(y\)軸との交点は\((0,5)\)だと分かります。

練習問題1-2

放物線の頂点\((2,1)\)とy軸との交点\((0,5)\)を滑らかにつなぐと完成です。

練習問題1-3

\(y=-x^{2}+6x-4\)のグラフ

まずは平方完成して軸と頂点を求めます。

\begin{eqnarray}
y&=&-x^{2}+6x-4\\
&=&-(x^{2}-6x)-4\\
&=&-\{(x-3)^{2}-9\}-4\\
&=&-(x-3)^{2}+5
\end{eqnarray}

したがって、頂点の座標は\((3,5)\)だと分かりました。

練習問題2-1

次に\(y\)軸との交点を求めます。

\(x=0\)を代入して、

\(y=-x^{2}+6x-4=0^{2}+6 \cdot 0 -4=-4\)

よって、\(y\)軸との交点は\((0,-4)\)だと分かります。

練習問題2-2

放物線の頂点\((3,5)\)とy軸との交点\((0,-4)\)を滑らかにつなぐと完成です。

練習問題2-3

\(y=2x^{2}+8x+5\)のグラフ

まずは平方完成して軸と頂点を求めます。

\begin{eqnarray}
y&=&2x^{2}+8x+5\\
&=&2(x^{2}+4x)+5\\
&=&2\{(x+2)^{2}-4\}+5\\
&=&2(x+2)^{2}-3\\
\end{eqnarray}

したがって、頂点の座標は\((-2,-3)\)だと分かりました。

練習問題3-1

次に\(y\)軸との交点を求めます。

\(x=0\)を代入して、

\(y=2x^{2}+8x+5=2 \cdot 0^{2}+8 \cdot 0 +5=5\)

よって、\(y\)軸との交点は\((0,5)\)だと分かります。

練習問題3-2

放物線の頂点\((-2,-3)\)とy軸との交点\((0,5)\)を滑らかにつなぐと完成です。

練習問題3-3

2次関数のおすすめ勉強法

順列・組み合わせの勉強法

2次関数は高校数学のなかでも解きやすい問題が多い単元です。

問題の意図をしっかり理解できれば、解法もすぐに思いつけるようになります。

次は2次関数のおすすめ勉強法を紹介します。

  • 教科書やノートを見直す
  • 問題集で応用力を磨く
  • 分かりやすい解説を見る

自分のいまの理解度と目標を照らし合わせて、自分に合った勉強法を試してみてください。

シータ
3つの勉強法を紹介するよ

教科書やノートを見直す

教科書やノートを見直す

まずは基本に立ち返って、教科書・ノートを見直してみましょう。

教科書には重要なポイントがギュッと詰まっています。

2次関数の基本は「2次関数の公式まとめ」にて解説しているのでご覧ください。

シータ
基本問題が不安なら教科書がおすすめ!

問題集で応用力を磨く

問題集で応用力を磨く

2次関数の関する公式に慣れてきたら、次は問題を解いて応用力を磨きましょう。

  1. 教科書の例題
  2. 問題集の基本問題
  3. 問題集の応用問題

問題の難易度をステップアップさせていくと、自分がどこで分からなくなったか把握しやすいです。

2次関数の学習におすすめの問題集を紹介します。

created by Rinker
¥1,210 (2023/02/04 22:31:29時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2023/02/04 14:37:09時点 楽天市場調べ-詳細)

Amazon会員なら参考書も読み放題です。
初回30日間の無料体験あり。

参考書が読み放題!Kindle Unlimitedについて詳しく知りたい

分かりやすい解説を見る

スタディサプリ画像

以下のような悩みがあるなら映像授業もおすすめです。

  • 勉強しても成績が伸びない
  • 学校の授業が分かりにくい
  • 分からない所が分からない

映像授業なら自分に必要な授業のみを受けられるうえに、分かるまで繰り返し視聴することができます。

分からないを1つずつ解消していけるので、定期テストで高得点を取りたい方は授業授業がおすすめです。

2次関数のグラフ まとめ

今回は2次関数のグラフの書き方についてまとめました。

2次関数のグラフ

2次関数のグラフの形

  • \(a>0\)のとき、下向きに凸な放物線
  • \(a<0\)のとき、上向きに凸な放物線

グラフを書く手順

  1. 軸と頂点を求める
  2. y軸との交点を求める
  3. 頂点とy軸との交点を滑らかにつなぐ

 

2次関数のグラフが書けないと、最大値・最小値を求める問題でかなり苦戦します。

決して難しい手順ではないので、必ずグラフを書けるようにしましょう。

>>2次関数の最大値・最小値の求め方!範囲の場合分けで考える方法

二次関数の最大値・最小値
2次関数の最大値・最小値の求め方!範囲の場合分けで考える方法

続きを見る

2次関数を総復習したい方はこちらの記事がおすすめです。

二次関数まとめ
基礎から確認!2次関数の公式と重要ポイント

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

みんなの努力が報われますように!

公式LINEから簡単なアンケートに答えるだけで、『2次関数』の重要公式をまとめたPDFをプレゼント中です!

2次関数重要公式まとめ

\ 30秒のアンケートに答えてGET! /

プレゼントを受け取る!

アンケート回答後
「2次関数の重要公式」と送ってね!

  • この記事を書いた人

ゆうや

当サイトの運営者。
指導歴8年目の数学講師。大学1年生から塾講師バイトを始め、これまで300名以上を指導。オンライン家庭教師のご依頼・お申し込みは、こちらの公式アカウントから承っております。

-二次関数
-, ,

© 2023 マストラ高校数学まとめサイト Powered by AFFINGER5