基礎問題精講の特徴と次に使う問題集を徹底解説!

基礎問題精講の特徴と次に使う問題集を徹底解説!

「受験に向けて勉強を始めたい」
「基礎問題精講について知りたい」
「基礎問題精講の次は何をやればよいの」
今回はこんな悩みを解決します。

高校生
基礎問題精講の次にやる参考書はなにが良いんですか?

基礎問題精講という問題集を知っていますか?

数学の勉強を本格的に始めるにあたって、基礎問題精講をはじめに買う方も多いかと思います。

 

本記事では、基礎問題精講の特徴と次に使う問題集を解説します。

記事の内容

運営者のプロフィール

基礎問題精講とは?

基礎問題精講とは、旺文社が出版している問題集です。

これから本格的に数学の受験勉強を始めようかなと思っている方におすすめしたい問題集です。

緑色の表紙が特徴的で、難易度としては共通テストレベルです。

基礎問題精講の内容

 

数学が得意な方は、基礎問題精講で受験勉強を始めるのがおすすめです。

数学が苦手な方は、教科書の例題・演習問題を解いたあとに、基礎問題精講に手を付けるのがおすすめです。

シータ
ぼくも基礎問題精講で受験勉強をはじめたよ

基礎問題精講は、『基礎問』→『精講』→『解答』→『ポイント』→『演習問題』で1つのテーマが完結するようになっています。

「精講」の部分では、そのタイプの問題に対するアプローチ方法がまとめられています。

 

問題数数学IA
例題+演習問題 290問
数学ⅡB
例題+演習問題 334問
数学Ⅲ
例題+演習問題 250問

 

レベル教科書の例題なら解ける!
偏差値45~55
目的大学入試に数学が必要で、まず基礎を固めたい
対象模試などで点数が取れていない
目標期間1冊1ヶ月

 

 

 

基礎問題精講の特徴

基礎問題精講の特徴

つぎに基礎問題精講の特徴を伝えていきます。

どれだけ良い参考書でも長所と短所の両面があります。

基礎問題精講の長所

まずは、基礎問題精講の長所から紹介していきます。

 

短期間で回せる問題量

基礎問題精講の1番の長所は「短期間で終えられる」点です。

青チャートやフォーカスゴールドなどは数学IAだけでも全部解こうとすると、1000問近くが収録されています。

受験に向けた勉強を始めて、いきなり青チャートなどに手を出すと挫折する未来が見えます。

それに比べ基礎問題精講は、1日20問解いていくと2週間で終えることができます。

高校生
これならやりきれそうです!

 

見やすいデザイン

デザインもかなり見やすいようにつくられています。

見やすいデザイン

 

左ページに「例題」「精講」、右ページに「解説」「演習問題」となっており、見開き1ページで完結するテーマがほとんどです。

 

精講による丁寧な解説

精講のパートでは、例題に対するアプローチ方法が丁寧にまとめられています。

 

そこで理解したことを、すぐに演習問題で活用することでより深い理解へとつながっていきます。

 

基礎問題精講の短所

基礎問題精講の短所
つぎに基礎問題精講の短所を紹介していきます。

 

解説が不親切

基礎問題精講の解答はちょっと不親切です...

数学の問題集あるあるだと思いますが、

どうしてそうなった!?ってことがたまに起こります。

演習問題の解答も最小限の解説しか書いていないため、理解できないときは友達や先生に聞いてください。

 

これだけでは受からない

基礎問題精講だけでは受験を乗り切るのは難しいです。

基礎問題精講だけでは応用力に欠けます。

 

基礎問題精講は教科書から入試問題への橋渡しレベルの教材なので、これだけでは2次試験の数学は突破できないです。

問題演習量が基礎問題精講だけでは少なすぎるので、基礎問題精講の次にやる問題集を後ほどいくつか紹介します。

 

基礎問題精講の使い方

基礎問題精講の使い方
それでは基礎問題精講のおすすめな使い方を伝授していきます。
基礎問題精講の使い方を解説します。

それなりに問題数があるので自分に合ったペースで、1か月で1冊が終えられるとよいです。

2週間で1週目

基礎問題精講はおおよそ300問の問題で構成されています。

といっても、半分が例題なので実際に試行錯誤するのは150問程度になります。

そこで1日10問ずつ進めていきましょう。

2週間で1周することができます。

 

余裕がある人は1日20問ずつ進めることで、1週間で終えることができます。

まだ部活などがあり、忙しい人は5問ずつでもいいです。

やり始めた時点で周りより一歩リードです!

 

精講から学ぶ

基礎問題精講には精講というパートがあります。

ここがとっても大事です。

そんなことわかってるよ!と思う時もあるかもしれませんが必ず読むようにしてください。

 

入試問題のような応用問題に挑むときでも、計算は難しくなりますが使う考え方は精講に書いてあることの延長でしかありません。

基礎をしっかりと押さえておきましょう。

 

完璧にする

基礎問題精講を進めていくときに守ってほしいことがあります。

1週目解答を見ずに解けた問題には◎をつけます。

解答を見たら理解できた場合は、△でもつけておきましょう。

解答を見てもダメ、全然理解できない。そんなときは☓をつけましょう。

 

2週目は△と☓の問題だけ解いていけばよいです。

初見で解けた問題を、何度もやる必要はないです。

 

すべての問題が◎になったときが、基礎問題精講を完璧にした時です。

 

基礎問題精講「例題定着ノート」とは?

基礎問題精講には「例題定着ノート」というものがあることを知っていますか?

 

 

掲載されている問題は例題のみ
基礎問題精講の例題を解いていく専用ノートです。

サイズはB5サイズで普通のノートと同じで厚みはそこそこあります。

通常のノートの3倍近くの値段がしますが、例題を書き写す手間を考えたら楽ですね。

このノートには問題のみ掲載されています。
解説はありませんので基礎問題精講と合わせて活用してください。
ご購入の際はノートだけ購入しないように。

基礎問題精講の次は?

基礎問題精講の短所の部分でも述べたように、基礎問題精講だけで受験は受からないです。

演習量が少なすぎるので、応用問題に苦戦するでしょう。

そこで、基礎問題精講の次にやることをおすすめする問題集を3つピックアップしました。

おすすめ問題集

無料で参考書が読み放題
Amazon kindleなら参考書が読み放題です。
30日間の無料体験ができるので、無料体験で読みまくるのがおすすめです。
Kindle Unlimitedなら参考書が読み放題!

レベルアップして「標準問題精講」

 

 

 

数学 標準問題精講の特徴・実際の入試に出るような重要問題が厳選されている
・例題の2倍の数の練習問題が掲載されており、問題演習の経験を積むことが出来る
・後半に従って問題の難易度が高くなっていき、問題の難易度のバランスが良い

 

こんな人におすすめもう少し難しい問題でたくさん問題演習がしたい
解説で細かい計算などは不要、応用問題の大まかな解き方を知りたい

 

文系数学の良問 プラチカ

 

 

文系数学の良問 プラチカの特徴・良問がそろっている
・解説がしっかりしていて、理解しながら進めることが出来る
・149題と問題数が少ないので、短期間で終わらすことが出来る

 

こんな人におすすめ基礎的な内容は大体理解している
質の高い問題を最低限の量解いておきたい
難関国立大、難関私立大の入試で数学を武器にしていきたい

 

数学重要問題集

 

 

数学重要問題集の特徴・頻出問題をパターン化し、網羅的に掲載している
・受験生がやっておきたい重要な問題のみを集めている

 

こんな人におすすめ分野別に強化していきたい
難問はいらず、最小限必要な問題のみを勉強したい
文字だけでなく、図やグラフ等を使った「回答力」を鍛えたい

 

基礎問題精講のまとめ

今回は基礎問題精講の特徴と次に使う問題集を徹底解説!についてまとめてきました。

問題集を選ぶときに大事なのは「問題のレベルが自分に合っているか?」ということ!

基礎問題精講はこれから受験勉強を始めようとしてる方に、とてもおすすめしたい問題集です。

 

では、今回は以上になります。

この記事が少しでも役に立てればうれしい限りです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みんなの努力が報われますように!

無料で参考書が読み放題
Amazon kindleなら参考書が読み放題です。
30日間の無料体験ができるので、無料体験で読みまくるのがおすすめです。
Kindle Unlimitedなら参考書が読み放題!

✅ この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

Amazon Kindleなら参考書が読み放題!

高校生のお役立ち情報を発信中!

友達登録でプレゼント!

いま登録した方には、中間テスト学習計画表をプレゼント中!

テスト前には数学のテスト対策プリント配布予定です!この機会にぜひご登録ください。!

友だち追加

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-参考書
-,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト Powered by AFFINGER5