加法定理の証明を分かりやすく解説!2点の距離と余弦定理で示めす

加法定理の証明を分かりやすく解説!2点の距離と余弦定理で示めす



「加法定理の証明が知りたい」
「どうして加法定理は成り立つの?」
今回は加法定理に関するこんな悩みを解決します。

高校生
加法定理がなぜ成り立つのか知りたいです

三角関数のなかでも加法定理は重要な公式の1つです。

加法定理

\begin{eqnarray}
\sin(α+β)&=&\sin \alpha \cos \beta + \cos \alpha \sin \beta\\
\sin(α-β)&=&\sin α \cosβ-\cosα \sinβ\\
\cos(α+β)&=&\cos α \cosβ-\sinα \sinβ\\
\cos(α-β)&=&\cos α \cos β+\sinα \sinβ\\
\displaystyle \tan(α+β)&=&\frac{\tanα+\tanβ}{1-\tanα \tanβ}\\
\displaystyle \tan(α-β)&=&\frac{\tanα-\tanβ}{1+\tanα \tanβ}
\end{eqnarray}

見た目が複雑な形をしているので、

「加法定理はどうしてそんな公式になるの?」

そう思う方もいるかもしれません。

 

本記事では加法定理の証明をまとめました。

実はそこまで難しい証明ではないので、ぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

『マストラ』運営者情報

 

三角関数のまとめ記事へ

加法定理の証明

加法定理を全て証明するには、

\[\cos(α+β)=\cos α \cosβ-\sinα \sinβ\]

をまず証明します。

 

\(\cos(α+β)\)を証明するにはいくつか方法がありますが、今回は定番の2つを紹介します。

  • 余弦定理を用いて証明
  • 余弦定理を用いない証明

さっそく加法定理を証明していきましょう!

シータ
証明方法はいろいろ知っておくと良いよ!

加法定理の証明:余弦定理を使う

まずは余弦定理を用いて加法定理を証明します。

点\(P,Q\)の座標を\(P(\cos \alpha ,\sin \alpha),Q(\cos \beta ,\sin \beta)\)とします。

加法定理の証明:余弦定理を使う

まずは余弦定理を用いて\(PQ^{2}\)を表します。

点\(P,Q\)は単位円上の点なので、\(OP=OQ=1\)です。

\begin{eqnarray}
PQ^{2}&=&OP^{2}+OQ^{2}-2OP \cdot OQ \cos (\beta - \alpha)\\
&=&1+1-2\cos(\beta - \alpha)\\
&=&2-2 \cos(\alpha - \beta) \cdots ①
\end{eqnarray}

次に点\(P\)と点\(Q\)の2点間の距離をもとめて、

\begin{eqnarray}
PQ^{2}&=&(\cos \beta -\cos \alpha)^{2}+(\sin \beta -\sin \alpha)^{2}\\
&=&2-2\cos \alpha \cos \beta - 2 \sin \alpha \sin \beta\\
&=&2-2(\cos \alpha \cos \beta +  \sin \alpha \sin \beta) \cdots ②
\end{eqnarray}

①,②より、

\[2-2 \cos(\alpha - \beta)=2-2(\cos \alpha \cos \beta + \sin \alpha \sin \beta)\]

ゆえに、

\[2 \cos(\alpha - \beta)=2(\cos \alpha \cos \beta + \sin \alpha \sin \beta)\]

したがって、

\[\cos(\alpha - \beta)=\cos \alpha \cos \beta +  \sin \alpha \sin \beta\]

 

加法定理の証明:余弦定理を使わない

次に余弦定理を使わないで証明をしていきます。

上の図において、\(AP\)間の距離を求めると

\begin{eqnarray}
AP^{2}&=&\{\cos(\alpha + \beta)-1\}^{2}+\sin^{2}(\alpha + \beta)\\
&=&2-2\cos (\alpha + \beta)
\end{eqnarray}

 

次に、2点\(P,A\)を原点を中心に\(- \alpha\)だけ回転した位置にある点を、それぞれ\(Q,R\)とする。

加法定理の証明

\(Q,R\)の座標は

\(Q(\cos \beta , \sin \beta),R(\cos \alpha ,- \sin \alpha)\)である。

\(QR\)間の距離を求めると、

\begin{eqnarray}
RQ^{2}&=&(\cos \beta - \cos \alpha)^{2}+(\sin \beta + \sin \alpha)^{2}\\
&=&2-2(\cos \alpha \cos \beta - \sin \alpha \sin \beta)
\end{eqnarray}

 

\(\angle AOP =\angle ROQ\)より、\(AP^{2}=RQ^{2}\)なので

\[2-2\cos (\alpha + \beta)=2-2(\cos \alpha \cos \beta -  \sin \alpha \sin \beta)\]

ゆえに、

\[2\cos (\alpha + \beta)=2(\cos \alpha \cos \beta -  \sin \alpha \sin \beta)\]

したがって、

\[\cos(\alpha + \beta)=\cos \alpha \cos \beta -  \sin \alpha \sin \beta\]

 

シータ
どちらの証明も知っておいて損はないよ!

その他の加法定理の証明

\(\cos (\alpha + \beta)\)や\(\cos (\alpha - \beta)\)の加法定理を示せば、その他の加法定理も証明できます。

 

\begin{eqnarray}
\cos (\alpha-\beta)&=&\cos \{\alpha+(-\beta)\} \\
&=&\cos \alpha \cos (-\beta)-\sin \alpha \sin (-\beta)\\
&=&\cos \alpha \cos \beta+\sin \alpha \sin \beta\\
\end{eqnarray}

 

\begin{eqnarray}
\sin (\alpha+\beta)&=&\cos \{90-(\alpha+\beta)\}\\
&=&\cos \{(90-\alpha)-\beta\} \\
&=&\cos (90-\alpha) \cos \beta+\sin (90-\alpha) \sin \beta \\
&=&\sin \alpha \cos \beta+\cos \alpha \sin \beta
\end{eqnarray}

 

\begin{eqnarray}
\sin (\alpha-\beta)&=&\sin \{\alpha+(-\beta)\} \\
&=&\sin \alpha \cos (-\beta)+\cos \alpha \sin (-\beta) \\
&=&\sin \alpha \cos \beta-\cos \alpha \sin \beta
\end{eqnarray}

 

\begin{eqnarray}
\displaystyle \tan (\alpha+\beta)&=&\frac{\sin (\alpha+\beta)}{\cos (\alpha+\beta)} \\
\displaystyle &=&\frac{\sin \alpha \cos \beta+\cos \alpha \sin \beta}{\cos \alpha \cos \beta-\sin \alpha \sin \beta }
\end{eqnarray}

分子, 分母を \(\cos \alpha \cos \beta\)で割って、

\begin{eqnarray}
\displaystyle  &=&\frac{\tan \alpha+\tan \beta}{1-\tan \alpha \tan \beta}
\end{eqnarray}
\begin{eqnarray}
\displaystyle \tan (\alpha-\beta)&=&\frac{\sin (\alpha-\beta)}{\cos (\alpha-\beta)} \\
\displaystyle &=&\frac{\sin \alpha \cos \beta-\cos \alpha \sin \beta}{\cos \alpha \cos \beta+\sin \alpha \sin \beta}
\end{eqnarray}

分子, 分母を\(\cos \alpha \cos \beta \)で割って、

\begin{eqnarray}
\displaystyle  &=&\frac{\tan \alpha-\tan \beta}{1+\tan \alpha \tan \beta}
\end{eqnarray}

 

これですべての加法定理を証明することができました。

まずは\(\cos\)の加法定理を示すことを覚えておきましょう。

 

高校生
余弦定理を使う証明が分かりやすかったです!

加法定理の証明 まとめ

今回は加法定理の証明についてまとめました。

加法定理の証明 まとめ

加法定理

\begin{eqnarray}
\sin(α+β)&=&\sin \alpha \cos \beta + \cos \alpha \sin \beta\\
\sin(α-β)&=&\sin α \cosβ-\cosα \sinβ\\
\cos(α+β)&=&\cos α \cosβ-\sinα \sinβ\\
\cos(α-β)&=&\cos α \cos β+\sinα \sinβ\\
\displaystyle \tan(α+β)&=&\frac{\tanα+\tanβ}{1-\tanα \tanβ}\\
\displaystyle \tan(α-β)&=&\frac{\tanα-\tanβ}{1+\tanα \tanβ}
\end{eqnarray}

全ての公式を証明するために

\[\cos(α+β)=\cos α \cosβ-\sinα \sinβ\]

をまず証明する。

\(P(\cos \alpha,\sin \alpha),Q(\cos \beta,\sin \beta)\)として

①\(PQ^{2}=\)余弦定理

②\(PQ^{2}=\)単位円上の2点間の距離

証明の方針

余弦定理=単位円上の2点間の距離

今回は加法定理の証明だけに焦点をあてて解説しました。

加法定理の重要ポイントは別の記事にまとめたのでぜひご覧ください。

加法定理の公式まとめ!加法定理の重要ポイントを徹底解説!
加法定理の公式まとめ!加法定理の重要ポイントを徹底解説!

「加法定理ってなんだっけ?」 「加法定理の公式 ...

三角関数のまとめ記事へ

高校生のお役立ち情報を発信中!

友達登録でプレゼント!

いま登録した方には、中間テスト学習計画表をプレゼント中!

テスト前には数学のテスト対策プリント配布予定です!この機会にぜひご登録ください。!

友だち追加

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-三角関数
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト Powered by AFFINGER5