たすき掛けで因数分解をするやり方を解説!これでたすき掛けに困らない!

たすき掛けで因数分解をするやり方を解説!これでたすき掛けに困らない!


「因数分解が苦手です...」
「たすき掛けってどうやるんだっけ」
今回はこんな悩みを解決します。

 

因数分解の公式ってややこしいですよね。

今回は因数分解の公式についてまとめました。

記事の内容
・たすき掛けの因数分解
・因数分解の工夫

筆者の信頼性

ライター紹介

国公立の教育大学を卒業
数学講師歴6年目に突入
教えた生徒の人数は150人以上

たすき掛けの因数分解

\(3x^2+14x+8=(x+4)(3x+2)\)

この方程式をたすき掛けで因数分解しましょう。

 

\(x^2\)の係数と一番後ろの定数項に注目します。

今回ならば、\(x^2\)の係数が3定数項が8です。

 

次に、積が3になる数の組と積が8になる数の組を考えます。

掛けて3になる組は、
{1,3}、{-1,3}

掛けて8になる組は
{1,8}、{2,4}、{-1,-8}、{-2,-8}

 

あとはステップの従っていくだけです。

たすき掛けの説明1

たすき掛けの説明2

たすき掛けの説明3

たすき掛けの説明4

たすき掛けの説明5

たすき掛けの説明6

 

先ほども言ったように慣れてくると、直感で数字の組が分かるようになってきます。

 

それまではたすき掛けで経験値を積んでいきましょう。

では、練習問題です。

たすき掛けの因数分解

 

因数分解の工夫

 

最後にちょっとした応用です。

こんな問題はどうでしょう。

 次の式を因数分解せよ。
\((x+y)^2+2(x+y)-8\)

 

中学校ではこの類の問題を解くときは

\((x+y)\)の部分を\(A\)と置き換えて解きましたが、高校生になったのでそのステップは飛ばしましょう。

\((x+y)^2+2(x+y)-8\)
\(=\{(x+y)+4\}\{(x+y)-2\}\)
\(=(x+y+4)(x+y-2)\)

このようにスマートに解けるようになりたいですね!

練習問題をつけておきます。

因数分解の工夫

たすき掛けの因数分解 おわりに

今回はたすき掛けを使って因数分解する方法ついてまとめました。

 

たすき掛けの説明1

たすき掛けの説明2

たすき掛けの説明3

たすき掛けの説明4

たすき掛けの説明5

たすき掛けの説明6

 

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

みんなの努力が報われますように!

 

 

定期テストにおすすめな映像授業

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

要チェック!

「どうして勉強したのに点数が下がるの...」

勉強しているのに成績が上がらない方は「【体験談】偏差値40から60まで上げたぼくの勉強法」を必見!

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法
【やれば上がるはウソ】偏差値40から60まで上げたぼくの勉強法!

-数と式
-, ,

© 2022 マストラ高校数学まとめサイト Powered by AFFINGER5