三角関数

三角関数の合成公式と証明、練習問題で理解しよう!

「三角関数の合成がよく分からない」
「何を表してるの?」
今回は三角関数の合成に関する悩みを解決します。

高校生
三角関数の合成が分かりません

 

三角関数の合成ってなんか難しそうなことやっているように見えますよね。

実はそんなことないよ!
シータ

 

実際、公式や証明を見てみるとそんなに難しいことはしてないんです!

ただ、入試問題で使うことが多い重要な公式なので確実に抑えておきたいところではあります。

 

本記事では三角関数の合成公式とその証明、使い方をわかりやすく伝えていくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

記事の内容
・三角関数の合成 公式
・三角関数の合成が使えるとき
・三角関数の合成 証明
・三角関数の合成<練習問題>

 


 

三角関数の合成 公式

三角関数の合成 公式
 
三角関数の合成とは, sin と cos が混ざった式を, sin だけやcosだけの式で表す公式です。

 

三角関数の合成公式
 \(a\)と\(b\)のいずれかが\(0\)でないとき

    \(a \sin \theta+b \cos \theta=\sqrt{a^{2}+b^{2}} \sin (\theta+\alpha)\)

    \(a \sin \theta+b \cos \theta=\sqrt{a^{2}+b^{2}} \cos (\theta-\alpha)\)

ただし, \(\alpha\)は\(\displaystyle \sin \alpha=\frac{b}{\sqrt{a^{2}+b^{2}}},\cos \alpha=\frac{a}{\sqrt{a^{2}+b^{2}}}\) を满たす角度とする。

 

 

三角関数の合成の使い方

角関数の合成の使い方
 
三角関数の合成をどのように使っていくのか例題を解きながら確認していきましょう。

 

まずこのような問題が出ます。

例題\(\sqrt{3}\sin \theta+\cos \theta\)を,\(r\sin (\theta+\alpha)\)の形に变形せよ.
ただし, \(r>0,-\pi<\alpha<\pi\) とする.


解説

三角関数の合成は、斜辺の長さと中心角?(原点の周りを反時計回りに描く角)が分かれば解決です。

まず\(x\)座標が\(\sqrt{3}\)、\(y\)座標が\(1\)の三角形を描きます。

三角関数の合成の使い方

すると斜辺\(r\)の長さは三平方の定理より、

\(r=\sqrt{\sqrt{3}^{2}+1^{2}}=2\)

となります。

これは中心角の大きさが\(\displaystyle \frac{\pi}{6}\)の三角形です。

三角関数の合成の使い方

 

三角形の斜辺の長さと中心角の大きさが分かりました。

\(\displaystyle \sqrt{3} \sin \theta+\cos \theta=2 \sin (\theta + \frac{\pi}{6})\)

 

これで三角関数の合成は完了です!

意外と簡単なんだね!

 

三角関数の合成 証明

三角関数の合成 証明

三角開数の合成公式の証明は加法定理を使っていきます。

三角関数の合成 sin編

三角関数の合成 sin編

上の図より、以下のことがいえる。

\(r=\sqrt{a^{2}+b^{2}}\)

\(\displaystyle \sin α=\frac{b}{r} \Leftrightarrow b=r\sin α\)

\(\displaystyle \cos α=\frac{a}{r} \Leftrightarrow a=r\cos α\)

ここで

\(a \sin \theta + b \cos \theta\)

\(=r\cos α \sin \theta +r\sin α \cos \theta\)

\(=r(\sin \theta \cos α +\cos \theta \sin α)\)

\(=r\sin (\theta + α)\)

\(=\sqrt{a^{2}+b^{2}}\sin (\theta + α)\)

よって、証明終了。

 

三角関数の合成 cos編

 

つぎはcosの形をした合成の証明をしていきます。

基本はsinの形に合成することがほとんどですが、cosの形にも変形できると考え方の幅が広がります。

\(a \sin \theta + b \cos \theta\)

sinの時は、\(\sin \theta\)の係数\(a\)を\(x\)座標,\(\cos \theta\)の係数\(b\)を\(y\)座標にしたのに対して、

cosの時は、逆にします。要するにこんな感じ!

それによって、

\(r=\sqrt{a^{2}+b^{2}}\)\(\displaystyle \sin α=\frac{a}{r} \Leftrightarrow a=r\sin α\)

\(\displaystyle \cos α=\frac{b}{r} \Leftrightarrow b=r\cos α\)

ここで

\(a \sin \theta + b \cos \theta\)

\(=r\sin α \sin \theta +r\cos α \cos \theta\)

\(=r(\cos \theta \cos α +\sin \theta \sin α )\)

\(=r\cos (\theta - α)\)

\(=\sqrt{a^{2}+b^{2}}\cos (\theta - α)\)

よって、証明終了。

 

三角関数の合成<練習問題>

三角関数の合成<練習問題>
 

練習問題次の式を,\(r\sin (\theta+\alpha)\)の形に变形せよ.
ただし, \(r>0,-\pi<\alpha<\pi\) とする.
(1) \(\sin \theta+\sqrt{3} \cos \theta\)
(2) \(\sin \theta-\cos \theta\)

解説

(1)\(\sqrt{3} \sin \theta+\cos \theta\)

\(\displaystyle =\sqrt{\sqrt{3}^{2}+1^{2}}(\frac{\sqrt{3}}{2}\sin \theta +\frac{1}{2}\cos \theta)\)

\(\displaystyle =2(\frac{\sqrt{3}}{2}\sin \theta +\frac{1}{2}\cos \theta)\)

\(\displaystyle =2(\sin \theta \cos \frac{\pi}{6}+\cos \theta \sin \frac{\pi}{6})\)

\(\displaystyle =2 \sin(\theta+\frac{\pi}{6})\)

 

(2)\(\sin \theta-\cos \theta\)

\(\displaystyle =\sqrt{1^{2}+1^{2}}(\frac{1}{\sqrt{2}} \sin \theta-\frac{1}{\sqrt{2}} \cos \theta) \)

\(\displaystyle =\sqrt{2}(\frac{1}{\sqrt{2}} \sin \theta-\frac{1}{\sqrt{2}} \cos \theta) \)

\(\displaystyle =\sqrt{2}(\sin \theta \frac{1}{\sqrt{2}}-\cos \theta \frac{1}{\sqrt{2}}) \)

\(\displaystyle =\sqrt{2}(\sin \theta \cos \frac{\pi}{4}-\cos \theta \sin \frac{\pi}{4}) \)

\(\displaystyle =\sqrt{2} \sin (\theta-\frac{\pi}{4})\)

三角関数の合成 まとめ

今回は数学Ⅱの三角関数から三角関数の合成についてまとめました。

 

他にも、教科書に内容に沿ってどんどん解説記事を挙げていきます。

お気に入り登録しておいてもらえると、定期試験前や入試勉強をするときに確認できます。

 

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

みんなの努力が報われますように!

2021年映像授業ランキング

スタディサプリ

会員数157万人の業界No.1の映像授業サービス。
月額2,178円で各教科のプロによる授業が受け放題!分からないところだけ学べるので、学習効率も大幅にUP!
本気で変わりたいならすぐに始めよう!

河合塾One

基本から学びたい方には河合塾Oneがおすすめ!
AIが正答率を判断して、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成してくれます!
まずは7日間の無料体験から始めましょう!

おすすめ記事

偏差値40から60に上げたぼくの勉強法 1

「勉強してるのに成績が上がらない」 「テスト当 ...

【2021年】おすすめ映像授業5選を徹底比較!《高校生向け》 2

  いますぐ始めたい方へ⇩当記事で人 ...

【無料体験あり】AmazonKindleなら参考書が読み放題!いますぐ始めよう! 3

Amazonで参考書が無料で読めるって知ってい ...

-三角関数
-, ,

© 2021 マストラ高校数学まとめサイト